Gmailの各種表示の意味を解説します

GoogleのWEBメールシステムであるGmailをお使いの方は、御社のお客様にも多いのではないでしょうか。

以前の記事でもお知らせ致しましたが、Gmailアドレスへ御社のドメインからメールを送信した場合、どのように表示されているかを知ると、お客様が御社をどのようなイメージで見ているか…がわかるかもしれません。

下の図は、弊社のcast.worksメールサーバーからGmailへメールを送信したものを、画面キャプチャしたものです。
弊社のメールサーバーは
・送信ドメイン認証技術(SPFとDKIM)の設定
・メールサーバー間のSSL/TLSによる暗号化
を実装しているため、注意喚起すべき表示がありません。

この記事では、図中の赤い文字の部分を解説させていただきます。

Gmailの表示解説

御社のメールサーバーが送信ドメイン認証技術に対応していない場合
WEB版GmailとAndroidでは、送信ドメイン認証技術である”SPF”または”DKIM”のどちらかで認証がされない場合、メールのプロフィールアイコンに“?”(はてなマーク)が表示されます。

また、送信者の右側に「経由」と表示される場合があり、ドメインで署名したDKIMキーがFromアドレスで使用するドメイン名と異なる署名(第三者署名)であった場合に表示されます。
Gmailで経路情報が表示されないようにするためには、正しく設定されたSPFと、DKIMが第三者署名ではなく作成者署名である必要があります。
作成者署名で登録することで、この「署名元」に独自ドメインを表示することができ、受信者からみた際のメールの信頼度が上がります。

御社のメールサーバーがメールサーバー間のSSL/TLS通信に対応していない場合
赤い鍵アイコンが表示され、「暗号化」項目に【ドメイン名】はこのメッセージを暗号化していませんと表示されます。
※正確には赤い錠アイコン

【情報追記】
送信元項目
メール送信元のサーバー情報が表示されます。
メールマガジンの配信システムなどを利用している場合は、サービス提供者のドメインが表示される場合もあります。


自社のメールアドレスから送信したメールが、Gmailで赤い文字が多く表示されている事業者さまは、是非この際にメールサーバーの乗り換えをご検討ください。


Gmailに認証に関する警告機能が追加されます

参考リンク:
Google、「Gmail」にセーフブラウジング保護を追加 → 外部リンク

米Googleがメールサービス「Gmail」に認証に関する警告機能を追加します。
この機能の追加により、Web版とAndroid版のGmailで、SPFまたはDKIMで認証されないメールの送信者プロフィール画像・企業ロゴ欄に?マークを表示して、メールが認証されていないことをひと目で確認できるようになり、利用者が「このメールに使われているメールアドレスは危険かもしれない」という判断ができるようになります

※貴社のメールサーバーが送信ドメイン認証技術の「SPF」あるいは「DKIM」に対応していない場合、メールの送信相手がGmailをお使いであれば「?」マークが表示されますよ…という意味です。