Gmailの各種表示の意味を解説します

GoogleのWEBメールシステムであるGmailをお使いの方は、御社のお客様にも多いのではないでしょうか。

以前の記事でもお知らせ致しましたが、Gmailアドレスへ御社のドメインからメールを送信した場合、どのように表示されているかを知ると、お客様が御社をどのようなイメージで見ているか…がわかるかもしれません。

下の図は、弊社のcast.worksメールサーバーからGmailへメールを送信したものを、画面キャプチャしたものです。
弊社のメールサーバーは
・送信ドメイン認証技術(SPFとDKIM)の設定
・メールサーバー間のSSL/TLSによる暗号化
を実装しているため、注意喚起すべき表示がありません。

この記事では、図中の赤い文字の部分を解説させていただきます。

Gmailの表示解説

御社のメールサーバーが送信ドメイン認証技術に対応していない場合
WEB版GmailとAndroidでは、送信ドメイン認証技術である”SPF”または”DKIM”のどちらかで認証がされない場合、メールのプロフィールアイコンに“?”(はてなマーク)が表示されます。

また、送信者の右側に「経由」と表示される場合があり、ドメインで署名したDKIMキーがFromアドレスで使用するドメイン名と異なる署名(第三者署名)であった場合に表示されます。
Gmailで経路情報が表示されないようにするためには、正しく設定されたSPFと、DKIMが第三者署名ではなく作成者署名である必要があります。
作成者署名で登録することで、この「署名元」に独自ドメインを表示することができ、受信者からみた際のメールの信頼度が上がります。

御社のメールサーバーがメールサーバー間のSSL/TLS通信に対応していない場合
赤い鍵アイコンが表示され、「暗号化」項目に【ドメイン名】はこのメッセージを暗号化していませんと表示されます。
※正確には赤い錠アイコン

【情報追記】
送信元項目
メール送信元のサーバー情報が表示されます。
メールマガジンの配信システムなどを利用している場合は、サービス提供者のドメインが表示される場合もあります。


自社のメールアドレスから送信したメールが、Gmailで赤い文字が多く表示されている事業者さまは、是非この際にメールサーバーの乗り換えをご検討ください。


認証メール配信とは(送信ドメイン認証まとめ)

認証メール配信」に利用している技術、第四回は「送信ドメイン認証」についてまとめをしてみたいと思います。

このブログ第一回第二回第三回に書いてきましたとおり、送信ドメイン認証という技術は、大きく二種類に分けられます。
一つは送信元IPアドレスを根拠に、正規のサーバーから送られたかどうかを検証する技術で、
もう一つは、送られたメールの中に電子署名を挿入し、その正当性を検証する技術です。

実は前者にはSPF以外にもSender IDという技術があり、後者にはDKIM以外にDomainKeysという技術があります。
Sender IDはライセンスの自由性に問題があるため普及率が低く、DomainKeysは後継技術としてDKIMが策定されたため、普及しませんでした。

さらに、現在最も普及しているSPFとDKIMの送信ドメイン認証技術の認証結果を基に、自動でアクセスを制御したりレポーティングしたりできるようにする仕組みとしてDMARCが策定されましたが、未だ一般的に利用されている技術ではないのが実情です。

送信ドメイン認証のまとめ

【送信元IPアドレスを根拠に、正規のサーバーから送られたかどうかを検証する技術】
SPF(Sender Policy Framework) → 第一回参照
Sender ID → ライセンスの自由性に問題

【送られたメールの中に電子署名を挿入し、その正当性を検証する技術】
DomainKeys → 後継技術としてDKIM
DKIM(DomainKeys Identified Mail) → 第二回参照、第三回参照

【SPFとDKIM両方を利用する、次世代の送信ドメイン認証技術】
DMARC(Domain-based Message Authentication、Reporting & Conformance) → 2012年1月、Google・Facebook・Microsoftをはじめ15社の企業がスパムやフィッシングの脅威撲滅を目的としたワーキンググループ。未だ普及率云々というフェーズではない

『認証メール配信』はどうして迷惑メールになりにくいのか まとめ

SPFを利用し、全てのヘッダ情報においてドメインが一致しているから
・メールサーバのIPアドレスを逆引きした時に返ってくるホスト名のドメインでメールを送信するから
DKIMを利用し、電子署名には第三者署名ではなく作成者署名を用いているから

目次へ戻る

認証メール配信とは(DKIM作成者署名と第三者署名編)

認証メール配信」に利用している技術について。第三回は「DKIMの署名」についてです。

第二回 認証メール配信とは(DKIM編) でご紹介したとおり、DKIMという技術は電子署名をベースとして成す技術ですが、この電子署名、実は二つの種類が存在します。
作成者署名
第三者署名

メールのFromアドレスに記載されているメールアドレスのドメイン名で署名した場合を作成者署名といい、それ以外を第三者署名といいます。

作成者署名で電子メールを正しく認証できた場合は、間違いなくメール送信者のドメインから送信されたメールであることが確認できます。
しかし、第三者署名で電子メールを正しく認証できた場合であっても、メール送信者のドメインであることは確認できず、どのドメイン名のメールサーバから送信されたのか…であれば確認できる…という、署名の違いが存在します。

この二つの署名の違い、つまり『署名の強度』なわけですが、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)のサービスとしてメルマガ配信を利用するような他社のサービスの場合、サービス提供の仕様上DKIMを使用できても「第三者署名」である可能性が高く、「作成者署名」である可能性はほぼありません(このブログ記載時)。
※一部「作成者署名」を提供しておられる事業者様が居られますが、弊社のサービス提供価格とは比べ物にならない程高価な状況です。

認証メール配信サービスでは、この作成者署名を利用しており、電子メールの身元について明らかなサービスであるため、迷惑メールフォルダに送られにくいサービスであると言えます。

目次へ戻る

「認証メール配信」プロダクト補足記事 目次

メールマガジン配信システム「認証メール配信」サービスのプロダクトページだけではわからない、受信者の「迷惑メールフォルダ」に入りにくくなる技術とその標準機能について、数回にわたってブログで紹介していきたいと思います。

このエントリーは目次として利用いたしますので、各記事を投稿次第、リンクを更新してまいります。
※目次は目安であり、記事投稿の都合により変更となる場合がございます。

もしかして、迷惑メールフォルダに振り分けられているかも?

第1回 認証メール配信とは(SPFと逆引き編)
第2回 認証メール配信とは(DKIM編)
第3回 認証メール配信とは(DKIM作成者署名と第三者署名編)
第4回 認証メール配信とは(送信ドメイン認証まとめ)
第5回 認証メール配信とは(HTMLメール配信)
第6回 認証メール配信とは(マルチデバイス対応)
第7回 認証メール配信とは(テンプレート作成)
第8回 認証メール配信とは(ステップメール)
第9回 認証メール配信とは(セグメント配信)
第10回 認証メール配信とは(日時予約配信)
第11回 認証メール配信とは(独自ドメイン)
第12回 認証メール配信とは(メール開封数)
第13回 認証メール配信とは(メルマガ会員登録フォーム)
第14回 認証メール配信とは(送信対象者に応じた内容変更)
第15回 認証メール配信とは(登録変更フォームと登録解除)
第16回 認証メール配信とは(顧客データベース管理)
第17回 認証メール配信とは(メールアドレス一括登録)
第18回 認証メール配信とは(配信速度)
第18回 認証メール配信サービスはWEBサーバーも提供

『認証メール配信』サービスを開始いたしました

キャスト・ワークスでは、この度初の自社サービスとなるメールマガジン・ニュースレター・メール配信システム『認証メール配信』を販売開始することができました。
このサービスは、
・メールマガジンを配信しても効果が全くあがらない!
・メールの開封率があがらない!
・集客につながらない!
・メルマガ本当に届いてる!?
広報担当の皆様の、このようなメールマーケティングの課題を解消するべく開発されたサービスです。
『認証メール配信』システムは、送信元を2段階で証明する仕組み(※)を導入しており、
「これはなりすましの不審なメールではありません」
「身元の明らかなサーバーから、送られているメールです」
と証明できるメールを配信しますので、送信先で自動的に「迷惑メール」に振り分けられるということがありません。

上記をはじめとした、『認証メール配信』は是非コチラからご確認ください
https://cast.works/corporate/product/maildelivery

ちょっと興味を惹かれた広報ご担当者様、メールマガジン配信ご担当者様は、是非お気軽に お問い合わせフォーム からお問い合わせくださいませ。

※ 送信ドメイン認証(SPF、DKIM)という技術です。DKIMでは、第三者署名ではなく作成者署名を使用しています。さらに、『認証メール配信』システムでは、サーバーとドメインをDNS逆引き設定も行い、「迷惑メール」に振り分けられにくいサービスの提供に努めています。(他社ASPサービスではまだ提供されていません。)