2020 Gartner Network Firewall(NFW)マジッククアドラントのリーダーに選出

先日、2020年の Gartner 社の指標(*1)が発表され、弊社でお取り扱いをさせていただいている UTM(統合脅威管理)アプライアンス製品(*2)のCheck Point Software Technologies 社製 UTM が、「Leader(リーダー)」(業界全体のシェアを持っており業績も高く・将来性も非常に高い)と評価されました。
Gartner 社がCheck Point Software 製UTMをリーダーに指名するのは、同社の歴史上21回目となります。

参考リンク:
Magic Quadrant for Network Firewalls → 外部リンク
Gartner Reprint UTM 2020
Source: Gartner (November 2020)

上の分布図は、
横軸:COMPLETENESS OF VISION
 ビジョンの完全性が最も高い
縦軸:ABILITY TO EXECUTE
 実行能力が極めて優れている
を表しており、
右上:LEADER(リーダー)
 業界全体のシェアを持っており業績も高く・将来性も非常に高い
左上:CHALLENGER(チャレンジャー)
 ビジョンは見えにくいが現状好調・業績は高い
右下:VISIONARIES(ビジョナリー)
 業績はまだだが先見の目があり将来性が高い
左下:NICHE PLAYERS(ニッチ)
 特定市場を持っているが広い分野でのリーダたりえない

Check Point UTM アプライアンス 1500シリーズ

(*1)Gartner の指標とは IT専門調査会社 IDC のものと同様に、業界で注目される指標です。企業情報でいう帝国データバンクや東京商工リサーチ(TSR)の IT版のようなイメージです。

(*2)UTM とは「次世代型ファイアーウォール」などと称され、コンピューターネットワークのセキュリティを確保するためアンチウイルスソフト等と併せて使用されることが増えてきているネットワーク機器です。