2020 Gartner Network Firewall(NFW)マジッククアドラントのリーダーに選出

先日、2020年の Gartner 社の指標(*1)が発表され、弊社でお取り扱いをさせていただいている UTM(統合脅威管理)アプライアンス製品(*2)のCheck Point Software Technologies 社製 UTM が、「Leader(リーダー)」(業界全体のシェアを持っており業績も高く・将来性も非常に高い)と評価されました。
Gartner 社がCheck Point Software 製UTMをリーダーに指名するのは、同社の歴史上21回目となります。

参考リンク:
Magic Quadrant for Network Firewalls → 外部リンク
Gartner Reprint UTM 2020
Source: Gartner (November 2020)

上の分布図は、
横軸:COMPLETENESS OF VISION
 ビジョンの完全性が最も高い
縦軸:ABILITY TO EXECUTE
 実行能力が極めて優れている
を表しており、
右上:LEADER(リーダー)
 業界全体のシェアを持っており業績も高く・将来性も非常に高い
左上:CHALLENGER(チャレンジャー)
 ビジョンは見えにくいが現状好調・業績は高い
右下:VISIONARIES(ビジョナリー)
 業績はまだだが先見の目があり将来性が高い
左下:NICHE PLAYERS(ニッチ)
 特定市場を持っているが広い分野でのリーダたりえない

Check Point UTM アプライアンス 1500シリーズ

(*1)Gartner の指標とは IT専門調査会社 IDC のものと同様に、業界で注目される指標です。企業情報でいう帝国データバンクや東京商工リサーチ(TSR)の IT版のようなイメージです。

(*2)UTM とは「次世代型ファイアーウォール」などと称され、コンピューターネットワークのセキュリティを確保するためアンチウイルスソフト等と併せて使用されることが増えてきているネットワーク機器です。

11月はテレワーク月間 弊社の取り組みを掲示いただきました

御社の働き方を聞き取り、御社の働き方に合った『中小企業のためのコスパに優れたテレワーク実施』のツボをアドバイスしている弊社の取り組みを掲示いただきました。

テレワーク月間 掲載ページ
テレワーク・デイズ|働く、を変える日|2020 掲載ページ

テレワーク月間は、テレワーク推進フォーラム(総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、学識者、民間事業者等による構成、2005年11月設立)の主唱により行われるテレワーク普及推進運動です。
11月を象徴月間とし、テレワークを実施する企業、団体、個人のみならず、関連の研究活動・啓発活動・支援活動などにかかわる皆様と広く手をつなぎ、働き方の多様性を広げる国民運動になることを目指します。

テレワーク月間
https://www.teleworkgekkan.org/

テレワーク・デイズ|働く、を変える日|2020
https://teleworkdays.go.jp/

テレワーク月間