Google Chromeが「保護された通信」表示を開始

参考リンク:
Google Chromeが2017年からHTTP接続に警告を表示 → 内部リンク

2017年1月にリリース予定のGoogle Chrome 56から、パスワードやクレジットカード情報を送信しているHTTPサイトを「安全ではない(Not secure)」と表示すると伝えられていましたが、
現在最新版のChrome 55においてTLS(SSL)通信が行われているページで「保護された通信」と表示されるようになりました。

chrome55 保護された通信

「安全ではない(Not secure)」または「保護されていない通信」の表示は未だ行われてはいませんが、Chromeの開発先行版「Chrome canary 56」では既に実装されているようです

GoogleがSSL/TLSページを優先的にインデックスすることと併せて企業ページのSSL/TLS暗号化はますます進みそうですね。