Google Chromeが2017年からHTTP接続に警告を表示

参考リンク:
Google Chromeが2017年からHTTP接続に警告を表示 → 外部リンク
chrome56 no ssl

Google Chromeチームは9月8日(米国時間)、「Chromium Blog」において、2017年1月のGoogle Chrome 56からパスワードやクレジットカード情報を送信しているHTTPサイトを「安全ではない(Not secure)」と表示すると伝えました。
最初は、アドレスバーにグレーで「Not secure」と表示されるようになるとのことでが、最終的にはすべてのHTTPページを対象に、破損しているHTTPSページと同じ赤い三角のアイコンで安全でないことを表示するようになる…とのことです。

chrome56 no ssl