Gmailに認証に関する警告機能が追加されます

参考リンク:
Google、「Gmail」にセーフブラウジング保護を追加 → 外部リンク

米Googleがメールサービス「Gmail」に認証に関する警告機能を追加します。
この機能の追加により、Web版とAndroid版のGmailで、SPFまたはDKIMで認証されないメールの送信者プロフィール画像・企業ロゴ欄に?マークを表示して、メールが認証されていないことをひと目で確認できるようになり、利用者が「このメールに使われているメールアドレスは危険かもしれない」という判断ができるようになります

※貴社のメールサーバーが送信ドメイン認証技術の「SPF」あるいは「DKIM」に対応していない場合、メールの送信相手がGmailをお使いであれば「?」マークが表示されますよ…という意味です。