認証メール配信とは(DKIM作成者署名と第三者署名編)

認証メール配信」に利用している技術について。第三回は「DKIMの署名」についてです。

第二回 認証メール配信とは(DKIM編) でご紹介したとおり、DKIMという技術は電子署名をベースとして成す技術ですが、この電子署名、実は二つの種類が存在します。
作成者署名
第三者署名

メールのFromアドレスに記載されているメールアドレスのドメイン名で署名した場合を作成者署名といい、それ以外を第三者署名といいます。

作成者署名で電子メールを正しく認証できた場合は、間違いなくメール送信者のドメインから送信されたメールであることが確認できます。
しかし、第三者署名で電子メールを正しく認証できた場合であっても、メール送信者のドメインであることは確認できず、どのドメイン名のメールサーバから送信されたのか…であれば確認できる…という、署名の違いが存在します。

この二つの署名の違い、つまり『署名の強度』なわけですが、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)のサービスとしてメルマガ配信を利用するような他社のサービスの場合、サービス提供の仕様上DKIMを使用できても「第三者署名」である可能性が高く、「作成者署名」である可能性はほぼありません(このブログ記載時)。
※一部「作成者署名」を提供しておられる事業者様が居られますが、弊社のサービス提供価格とは比べ物にならない程高価な状況です。

認証メール配信サービスでは、この作成者署名を利用しており、電子メールの身元について明らかなサービスであるため、迷惑メールフォルダに送られにくいサービスであると言えます。

目次へ戻る