手話技能検定協会について

久しぶりの投稿となります。

私は当社の経営と並行して、手話技能検定協会と言う特定非営利活動法人(いわゆるNPO法人)で理事を務めさせていただいております。

私が手話という言葉に出会ったのは、今から30年前、ちょうど教育系大学を卒業した年でした。
大手民間企業への就職を決意していた時、ふとかかってきた一本の電話がきっかけでした。
その電話は実家近くの聾学校(いまは特別支援学校と言います)の校長先生からのもので、いきなり「うちで働いてみないか?」とのお誘いをいただいたのです。
常勤講師に急に欠員が生じ、近所の高校の教育実習の名簿から私を見つけ出したようです。
いまの時代ならそんな個人情報がすぐに手に入るはずがないのですが。

「一度会うだけでも」と思い、数日後に校長室にお伺いをさせていただきました。
お断りの言葉をお伝えするつもりであれこれ言い訳も考えていたのですが、校長先生のお人柄に惹かれ、また仕事の内容にも大変興味を持ち、聾学校にてお世話になることに決めました。
「手話ができない」という心配があったのですが、校長先生の「手話は必要ない」とのお言葉に安心したことも赴任の決め手となりました。

信じられないと思いますが、当時の聾学校の多くは「聴能口話法」と言いまして、先生の口の動きを生徒たちが一生懸命に読み取る授業方法が主流でした。そして先生方の多数は手話を使わずに授業をしていました。

講師になった私も、手話を全く知らなかった訳ですから、他に選択肢もなく当然のように聴能口話法で授業をすることに決めていました。そして生徒たちは一生懸命に新人教師の私の授業を受けてくれました。

しかし・・・すぐにその限界を知ることになりました。
私が授業で話したことの多くは、実は生徒たちに全く伝わっていないということに数日後には気付いたのです。

私は社会科全般を担当していたので、ご想像の通り授業では「人名」「地名」、社会の色々な「制度」など、固有名詞を用いる必要があります。
生徒たちにとって既知の単語であれば口を読むことも容易だったのかも知れません。しかし頭の中にない初めて知る固有名詞を、正確に読み取るということは大変難しかったようです。

授業進行に行き詰まり、そこから私の手話学習が始まりました。
隣席の聾の教員や生徒たち、そして様々な書籍にも助けられて、1カ月程度で日常的な会話はできるようになりました。
さらに手話だけでなく、視覚が活用できる様々な教材も導入してやっとまともに授業ができるようになりました。

賛否はありますが、初心者が手話を覚える場合、日本語順に手話単語を現わしていくという方法があります。
まずは手話単語を学ぶだけでも、耳が聞こえない方とのコミュニケーションがとても深いものになります。
これから手話を学ぶという方は、まずはそのような方法で取り組んでみられてはいかがでしょうか。

聾学校での講師生活は予定任期の2年間で終えましたが、はじめて手話を覚えた時の感動、そして話せた時の生徒たちの嬉しそうな顔が忘れられず、その後も手話普及の事業に携わっていくこととなりました。
社会人向けの福祉スクールを運営していた頃には、東京・大阪で手話の講座を同時に起ち上げ、のべ2000名以上の方に受講をしていただきました。

前職を退任した今でも、手話技能検定協会の理事として大阪での試験会場運営などを担当させていただいております。年に2度の試験運営で感じるのは、最近は特に若い手話学習者が増えてきたなと言うことです。
テレビでも手話通訳が映し出される機会が増えてきましたが、それを見て「手話ってかっこいい・楽しそう」と考える若い世代が増えてきているのでしょう。大変うれしいことです。

当社では、インターネット関連事業に加え、現在はプログラミング教室の開業支援事業に取り組んでおります。
今後は、手話普及のために貢献できる事業についても徐々に取り組んで参りたいと考えており、手話技能検定協会様との業務提携を予定いたしております。

 

<関連ページリンク>

特定非営利活動法人「手話技能検定協会」
http://www.shuwaken.org

つかえる手話「Useful Signs 検定」
https://www.shuwaken.org/UStest/

緊急事態宣言発令に伴う営業体制変更のお知らせ

平素は弊社サービスに格別のお引き立てを賜わり誠にありがとうございます。
日本政府による改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく緊急事態宣言発令に伴い、
新型コロナウイルス感染症の拡大防止と事業継続対応のため、弊社従業員のテレワークを下記日程で実施させていただく運びとなりました。

実施期間:2020年4月8日(水)~

※一部従業員につきましては 4月2日(木)~ テレワーク移行実施済。
※期間終了は未定、状況をみてご報告いたします。

なお、現時点でご契約中のサービスについては引き続きご利用いただけますのでご安心ください。
ご不便をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

変更内容:

・ 本社での業務をテレワーク勤務へ変更し、本社での業務を極力抑えます。
・ サーバーの監視ならびにサーバーダウン時の一次保守(サーバー再起動作業)については、通常通りおこないます。
・ 新規サービスのお申し込みについて、一時中止となるサービスが一部発生いたします。
・ 端末発送を伴わない全てのサービスのお申し込みは引き続き受付します。
・ ご契約済みサービスのサポートは、訪問を伴わない電話・PC等よりリモートにて行います。
・ 弊社へのお問い合わせは、基本的にはメールフォームよりお問い合わせください。

<本件に関するお問い合わせ>

お問い合わせ

cast.WORKS -設立の経緯-

当社の経営に本格的に携わる以前、私は社会人向け資格スクールの創業メンバーに加えていただき、長らく経営にも携わってきました。

当時の私は、お客様への真心がこもったサービスをスタッフ自らが考案し創り上げていくことをモットーとしていました。
学校運営に関わるほぼすべての業務を、外注化せず社内で創り上げることにも一貫してこだわってまいりました。

社外で作られた製品や仕組みを社内向けに無理やりカスタマイズするだけでは、どこかの部分で妥協が生じ、とても納得できるレベルのサービスが展開できない。そう考えていたからです。

スクール運営の軸である教材、試験、カリキュラムはもちろんのこと、講座案内資料などの販促ツールも、ほぼすべてが社内スタッフでの自主制作する施策を導入しました。

さらには、お客様に提供するサービスの部分だけではなく、災害時の学校運営マニュアルや人事評価・給与査定システムなども、すべて専門コンサルタントとともに作り上げていきました。

中でも一番力を注いだのは、ネットワーク環境整備や業務システム開発、さらにはインターネットを通じたマーケティング施策の研究など、ICTに関連する部門の創設でした。
この分野でも、業務の大半をインハウスで行うことにこだわり、そしてスタッフのスカウト採用と育成も進めてきました。

こういった経験を通じ、私は先端のテクノロジーやマーケティング施策の充実が、中小零細企業の経営効率化に大きく寄与することを実感することができました。

そこで得たノウハウを少しでも他の事業者さまにもお伝えしていきたい。そういった強い意志を持って弊社を設立させていただきました。
今後微力ながら、小規模事業者さまの経営発展に寄与させていただきたい。このように考えております。

偉そうに言っている私ですが・・・
正直に告白しますと、資格スクールを創業する以前には、PCの操作方法すら知りませんでした。
社業を発展させるために、友人や家族にPCの操作を学び、そしてインターネット活用を学び、必死で勉強してきたことは懐かしい思い出です。

そんな私ですので、小規模事業者様がシステム導入やネットワーク構築、マーケティング施策の充実で悩み困られている様子は、リアルに理解しているつもりです。

関西企業ならではの、お客様が暑苦しく感じられる(笑)ぐらいの密着型サービスで、経営者・従業員のみなさまに喜んでいただけるよう活動していきます。

今後もよろしくお願いいたします。

cast.WORKS -社名にこめられた思いとは-

はじめまして。
このブログを奇跡的に見つけていただいた方もいらっしゃると思います。
ご来訪ありがとうございます。
cast.WORKS 代表の進藤と申します。

このブログにははじめての投稿となります。
初めて足跡を残すって難しいですよね。多少緊張しています。

ということで何を書こうか先ほどまで迷っていたのですが・・・
まずは当社の社名の由来からご紹介させていただこうかなと思っています。

++++++++++

[ cast ]

社会というステージで、皆さまも私も様々な使命を持ち、そして懸命に役割を果たそうと日々努力をしています。
お一人お一人が、社会というステージの大切な出演者だと考えています。

[ works ]

まるで職人さんが魂を込めて一つの製品を作り上げるかのように、私たちは心を込めてICTサービスを作り上げていきたいと決意しています。

私たちのサービスで、社会の出演者である皆さまを全力で応援します。
そのことで、私たちもまた社会の一出演者としての役割を果たすことになるのではないか。
そう考えています。

 

そんな熱い!決意を言葉にしてみました。

++++++++++

余談ですが。

新しい事業の名前を「ああでもない」「こうでもない」と考えこんでいた・・・
そんな時に、[ works ] という単語がドメインに採用されたことを知りました。
このことも社名が決まった一つの理由です。

会社名が cast.WORKS で、ドメインも cast.works って覚えやすいと思いませんか?

cast.WORKS を、今後もどうぞよろしくお願いいたします。