cast.WORKS -設立の経緯(2)-

私どもの母体である株式会社キャリア・ステーションが、スクール運営を通じ多種多様な仕組みを社内構築していること。そして、そのノウハウを社外クライアント様にも提供させていただきたい、そういった意向を前章にて紹介させていただきました。

私がなぜそのような意向を持つのか、もう少し踏み込んでお伝えをしたいと思います。

<スタッフがキャリアを伸ばせる会社にしたい!>

キャリア・ステーションの主たる業務は、社会人向けの資格取得講座の運営です。

資格取得講座の運営においては、その対象となる試験の日程がほぼ固定されていることから、年間を通じ「この時期にこの業務を」と仕事の内容が固定化されがちです。
入社当初はどのような仕事内容でも新鮮味が感じられると思うのですが、年が経ち業務に習熟するにつれ、新たなキャリアを身につける機会が徐々に減るという現実があります(もちろん社内の職種にもよりますが)。
キャリア・ステーションは創立からすでに15年を経過していますので、スクールの運営ノウハウもある程度完成しつつあります。そのため、業務の固定化は今後もますます顕著になっていくと見込まれます。

このような環境の中、今後せっかく入社いただいたスタッフのキャリアを大きく伸ばしていくためには、入社後一定期間を経過後にスクール運営以外の新たな業務に取り組んでいただくことも良いのではないかと考えるようになりました。
スクール運営を通じて培った業務ノウハウを、他の業種向けにアレンジし提供するカンパニーを設立する。そしてそのカンパニーの運営を、優秀で、なおかつ対外業務に関心の高いスタッフに委ねる。
そのような流れを築くことで、スタッフ自身も経営、組織運営、マネジメント力を身につけていくことができます。そして、スタッフの皆さんに力をつけていただくことができれば、キャリア・ステーショングループそのものも、今以上に成長ができると考えております。

この戦略に沿って、今後はいくつかの関連会社を設立していく予定です。キャスト・ワークスはその第一弾のカンパニーとなります。

<中小・零細企業のネットワークができないものか?>

乱暴な表現かもしれませんが、中小・零細企業の経営では、それぞれの会社において「得意なこと」「苦手なこと」がはっきりと分かれていることが多いのではないでしょうか?

●「商品開発」は得意だが、お客様への「宣伝力」が低いので「売上」が伸びない。

●「営業力」は強いが「顧客管理」などの仕組みが未整備で業務効率が悪い。

●「売上」こそ伸びて業績は順調なものの、「労務管理」が適当で離職率が高い。

これらはほんの一例です。
得意なことが一つでもあるから当面は経営が維持できている訳なのですが・・・いざ何かアクシデントがあった時は、非常に脆弱な経営に陥りそう。そんな会社が多数あります。
もちろんキャリア・ステーショングループとて他人事ではありません。

経営改善を行う意向はあっても、それ相応のコストを恐れたり、社内の人材不足で躊躇してしまったり。そして大きな改革は結局先送りにされてしまう。これが大多数の中小・零細企業の現実だと思います。
大手のコンサルティング会社/システム会社に依頼するにしても、費やす経費・時間も膨大なものになりがちですし。

中小・零細企業が、それぞれの持つ「得意なこと」を、できるだけ「安価に」「気軽に」相互に提供できるような仕組みができないか。そんなネットワークを作っていきたいと願っております。
私どもにも「苦手なこと」は多数ありますが、「得意なこと」も多くあります。まずは自身が持つノウハウを他社に開示していくことで、将来的に広範なネットワーク作りができる礎になることができれば。そう考えているのです。

cast.WORKS -設立の経緯(1)-

キャスト・ワークスの母体である株式会社キャリア・ステーションは、社会人や主婦、学生の方を対象とした福祉系資格スクール「キャリア・ステーション専門学院」を運営しています。

キャリア・ステーション専門学院」では、お客様への真心がこもったサービスは、スタッフ自らが考案し創り上げていくことを開学以来のモットーとしています。
そのため、学校運営に関わるほぼすべての業務を、外注化せず社内で創り上げることにも一貫してこだわってまいりました。
社外で作られた製品や仕組みを社内向けに無理やりカスタマイズするだけでは、どこかの部分で妥協が生じ、とても納得できるレベルのサービスが展開できない。そう考えているからです。

スクール運営の軸である教材、試験、カリキュラムはもちろんのこと、ホームページ作成や講座案内資料などの販促ツールも、ほぼすべてが社内スタッフにより自主制作をしています。
お客様に提供するサービスの部分だけではなく、災害時の学校運営マニュアルや人事評価・給与査定システムなども、すべて専門コンサルタントとともに社内にて研究を行い、そして作り上げてきました。

さらに、社内でのネットワーク環境整備などのインフラ構築も、スタッフ自らで行うことにこだわってきました。
ユニークなものを紹介すると、VPN接続のデータサーバーは「キャリウド」と社内で呼ばれています。この名前、社内投票でスタッフの一人が考案したものです。由来はキャリア・ステーション+クラウドの略称だそうです。
(※ちなみに私は、同じ考えで「キャリクラ」という名前を提案しました。これは「キャバクラ」を連想するとの指摘もあり、投票でダメだしされました。いいアイデアと個人的には思ったのですが・・・センスないです 涙)

大がかりなプロダクトも構築してきました。
通学講座の『インターネット受講システム』、通信講座である『Hoikuu』、これらのコンテンツ配信機能やSNSサービスなども自社で開発・運営をしています。
さらに、全社横断型のWEBベースの顧客管理システムも、2年もの歳月をかけて構築を完了し、現在でも本運用を行いながらのチューニングを継続しています。

こういったキャリア・ステーション内での業務遂行を通じて、社内では様々な分野の「プロスタッフ」が育ちつつあります。
現業部門では教務・講師・マーケット開拓・ホームページ運営・デザイン・キャリアカウンセリング、間接部門では総務・人事・システム開発などの分野で、専門知識を身につけたスタッフが活躍しています。
そしてキャリア・ステーションでは、こういった社内育成のプロフェッショナルが生み出したサービスを、今後は次々と社外クライアント様にもご提供させていただきたいとの構想を描いております。

弊社キャスト・ワークスは、そのプロジェクトの第一弾となるカンパニーなのです。
社内のシステム開発・運用部門が持つノウハウを、他の小規模事業者様にも惜しむことなく提供したい。そういった目的で弊社は設立されました。
安全で便利なネットワーク環境の整備を中心に、プログラム開発、そしてICT活用のためのコンサルティングにも取り組んで参りたい。このように考えております。

キャリア・ステーション自らが中小企業でありますので、小規模事業者様がシステム導入やネットワーク構築の面で悩み困られている様子はリアルに理解しているつもりです。
関西企業ならではの、お客様が暑苦しく感じられる(笑)ぐらいの密着型サービスで、経営者・従業員のみなさまに喜んでいただけるよう活動していきます。
よろしくお願いいたします。

cast.WORKS -社名にこめられた思いとは-

はじめまして。
このブログを奇跡的に見つけていただいた方もいらっしゃると思います。
ご来訪ありがとうございます。
cast.WORKS 代表の進藤と申します。

代表・進藤
代表の進藤です。生まれも育ちも関西です。もちろん阪神ファンです。

このブログにははじめての投稿となります。
初めて足跡を残すって難しいですよね。多少緊張しています。

ということで何を書こうか先ほどまで迷っていたのですが・・・
まずは当社の社名の由来からご紹介させていただこうかなと思っています。

++++++++++

[ cast ]

当社の母体であり関連会社でもある Career-Station の略となります。

Career-Station は、スクール業界や受講生のみなさまからは「キャリステ」と呼ばれています。
でも私はその愛称、実はあまり好きではないのですよね。
勝手に「ステ」=「捨て」を連想してしまいます(考えすぎ?^^;)
ですから、あえて別の略称にしてみました。

また、この言葉には、演劇などで「その人に見合った配役を割り振る」といった意味がありますよね?
私たちのサービスと出会った皆さまが、社会というステージで生き生きと自身の使命・役割を果たせますように!
そんなお手伝いをさせていただきたい、との願いが込められています。

[ works ]

まるで職人さんが魂を込めて一つの製品を作り上げるかのように、
私たちは一つ一つのサービスに心を込めて、誠実に組み上げていきたいと考えています。
そんな熱い!決意を言葉にしてみました。

++++++++++

余談ですが。

新しい事業の名前を「ああでもない」「こうでもない」と考えこんでいた・・・
そんな時に、[ works ] という単語がドメインに採用されたことを知りました。
このことも社名が決まった一つの理由です。

会社名が cast.WORKS で、ドメインも cast.works って覚えやすいと思いませんか?

キャリア・ステーショングループの新生児 cast.WORKS を、どうぞよろしくお願いいたします。