SandBlast Mobile(アンチウイルス)

侵入者のイメージ

スマートデバイスを狙うさまざまな脅威を検出

スマートデバイスを標的にしたサイバー攻撃が急増しています。スマートデバイスの業務活用は時間や場所に縛られない多様な働き方を可能にしますが、その一方で企業の重要データや個人の行動履歴などを簡単に社外に持ち出せるようになり、情報漏えいや第三者による不正アクセスなどのリスクがつきまといます。いかに安全に活用するかが重要な課題です。
攻撃経路はネットワークやOSの脆弱性を狙った攻撃、フィッシングなど多様化しており、従来のウィルス対策アプリやモバイル機器管理製品では防ぎきれません。
また、日本の多くの企業では「MDM」(Mobile Device Management)を用いて、会社側が支給したモバイル端末の管理を⾏うことが⼀般的です。しかしながら、MDMは資産管理の側面から、利用するアプリケーションの制限、紛失時にリモートワイプを行うといったセキュリティ機能は有していますが、多様化した攻撃を防御することはできません。

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの「SandBlast Mobile」は、未知の不正アプリへの対応など多角的な防御を可能にします。

SandBlast Mobile overview



製品機能

Anti-Bot
Anti-Bot
Anti-BotがSandBlast Mobileにやってきました。
C&Cサーバーなどへの不正接続を自動的にブロックし、機密情報を守ります。
URL Filtering
URL Filtering
カテゴリーやURL別に、ウェブサイトの接続拒否や許可ができます。
社内と同様のポリシー運用がモバイルでも実現します。
Conditional Access
Conditional Access
攻撃を受けた疑いのあるデバイスから社内リソースやクラウドへの接続を遮断します。
このコントロールは自動で実施されます。
Safe Browsing
Safe Browsing
不正なウェブサイトを検知・ブロックします。
どのブラウザアプリケーションを使っていても有効です。
Anti-Phishing
Anti-Phishing
SMSでもメールでもメッセージングサービスでも、不正なURLを開こうとすると即座にブロック。
フィッシング詐欺から守ります。
ONP
ONP(On-device Network Protection)
新たに搭載されたOn-device Network Protection(ONP)は、iOSとAndroidの両方に有効です。
不正なウェブサイトの検知とブロックを実施し、社内ポリシーと同様の運用を実現します。
機能を有効にしておけば純正ブラウザ以外も自動で保護してくれるため、デバイスの使い方を変える必要もありません。
機能

製品比較 と 製品仕様

MDMソリューションとの比較ポイント

Sandblast MobileはMDM(EMM)のみでは防ぐことのできない、最新のセキュリティ脅威からモバイルデバイスを保護します。
すでにMDM(EMM)を導入しているお客様はSandblast Mobileを追加で導入し連携させることで、高いセキュリティレベルと堅牢な構成管理を実現できます。

セキュリティリスク 一般的なウィルス対策ソフト SandBlast Mobile MDM(EMM)
紛失対策(リモートワイプ)
端末の暗号化
PIN(暗証番号)の適用
Jailbreak/Root化の検知
利用アプリケーションの制限
不正挙動アプリケーションの検出
Wifi攻撃検知
Bluetooth攻撃検知
C&C通信検知
マルウェア検知(既知・未知)
フィッシング検知(既知・未知)
URLフィルタリング
セーフブラウジング

仕様

Android OS 4.1 以降
iOS 10.0 以降 iPhone、iPad、および iPod touch