認証メール配信

もしかして、迷惑メールフォルダに振り分けられているかも?

弊社の「認証メール配信」なら!

弊社の”認証メール配信”なら、
送信ドメイン認証をSPFDKIMの2段階行うため、迷惑メール振分率はほぼ0注1
しかもこのサービスを行えるのは当社だけ!注2


SPFとは 電子メールの送信元ドメインが詐称されていないかを検査するための仕組みです。IPアドレスを利用します。
SPF = Sender Policy Framework
DKIMとは 受信した電子メールが「正当な送信者から送信された改ざんされていないメール」かどうかを調べる技術です。メールに電子署名を付与します。
DKIM = Domain Keys Identified Mail
不達メール処理 配信後にメールが不達となったエラーアドレスをデータベースから処理可能。
(ルールの設定により、「削除」だけではなく「配信しない」など柔軟な対応が可能)
お客様用に専用サーバーを構築します 認証メール配信標準機能
HTMLメール配信 HTMLメールとテキストメールのマルチパート配信
マルチデバイス対応 PC・タブレット・スマホなどのマルチデバイス対応
テンプレート作成 複数の定型テンプレートを登録可能
ステップメール お客様が情報登録後、予め設定の間隔で順次メールを配信
セグメント配信機能 住所・性別・購買商品など条件に一致するお客様へメール配信
日時予約配信 指定日時に自動配信
独自ドメインでの配信が可能 任意のメールアドレスで送信可能
メール開封数カウント機能 メール内URLクリック数もカウント可能
メルマガ会員登録ページ お客様が会員登録できる登録ページ(フォーム)を標準装備
ひとり一人に合ったカスタマイズメール 宛名などお客様ごとの情報を自動差し込み
ユーザーによる登録・変更・停止が可能
顧客データベース管理機能 名前・メールアドレス・属性など顧客管理が可能
メールアドレスの一括登録 既にお持ちの顧客データベースを一括取り込み
配信速度 30,000通/時間 ※ベストエフォート※標準仕様のサーバーによる計測
このサーバーはWEBサーバーとしてもご利用いただけます。
サービス導入までのフロー。ご相談、仮申込み、プラン決定、本申込み、サーバー設定、利用開始 料金プラン。初期費用、月額料金、必須オプション料金、オプション料金 メール代行サービス・お客様の声
“認証メール配信”のサーバーは弊社販売のサーバーリソース『ビジネス Pro』プランでご利用いただいているものと同一スペックとなります。
よくあるASP型のサービス提供ではなく、Saas型に近い、サーバー占有でサービスをご利用いただきます。
標準でWEBサーバー・メールサーバー・データベースサーバーとしてもご利用いただけます。
お客様のご要望により、サーバーと回線のカスタマイズが可能です。
標準オプションの『SSL認証取得 年額 10,000円』では、ドメイン認証レベル証明書(DV = Domain Validation)をご提供いたします。
企業認証レベル証明書(OV = Organization Validation)または、EV SSL証明書(EV = Extended Validation)をご希望の場合は別途お見積もりとなります。
“認証メール配信”に関する
「お問い合わせ」「資料請求(無料)」「仮申込み」はこちらから
フッタ

注1
通信状況、通信事業者によるブロック機能、メール受信者のソフトウェア又はハードウェア等の様々な環境によりメール配信が遅延・拒否・不達・不能となる場合があります。また完全に迷惑メールフォルダへ配信されないことを100%保証するものではありません。

注2
DKIMには、作成者署名と第三者署名があります。作成者署名で署名が正しく検証できた場合は、メール送信者の正当なドメインから送信されたメールであることが確認できます。当サービスでは作成者署名を利用します。一般的なメール配信サービス等を利用した場合、第三者署名となるケースがほとんどです。また当サービスではサーバーとドメインに対して逆引きIPアドレスも設定いたします。

参考資料:迷惑メールと判断されないために注意すべき点

迷惑メール相談センター
総務省:迷惑メール対策