初辰

初辰

旧暦1月8日は初辰です。初辰と聞いてピンと来る方はほとんどないと思います。旧暦ではすべての日に干支が当て嵌められています。まず十二支については説明不要でしょうから十干の説明をします。十干とは五行で説明した、き(木)、ひ(火)、つ(つち)、か(金)、み(みず)にエとトを組み合わせた十種類で、きのえ、きのと、ひのえ、ひのと、つちのえ、つちのと、かのえ、かのと、みずのえ、みずのと、です。これに漢字が充てられています。甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)です。甲乙は見たことがあると思いますが、他はあまりないかもしれません。昔はこれが順序になっていて、成績も甲乙丙でつけられていましたから、全甲は今でいうオール5です。兵隊検査も甲種合格とか乙種合格のように体格などで分類されていました。現代ではなくなったかというとそうでもなく、契約書などでは「〇〇を甲とし、△△を乙として…」のような書き出しになっています。法律の世界は未だに明治のままなのですね。

干支は日にちだけでなく、年にも充てられています。今年は壬寅(みずのえとら)です。寅年は知っていても十干の方は知らない人が多いと思います。十干十二支は60組なので60年で一回りして最初に戻ります。最初は甲子(きのえね)です。甲子太郎という名前とか甲子園のように作られた年によく使われます。甲子園球場は大正13年の甲子に建設されたことは阪神ファンなら誰でも知っています。自分の生まれ年が一巡すると還暦になります。昔はそれまで生きる人が少なかったので長寿を祝う習慣が残っています。停年制度もこれが基準となったのですが、長寿の現代は還暦にはそれほど意味がないかもしれません。干支の年号を有名事件に充てることも多く、戊辰戦争、壬申の乱のように歴史に残っている場合もかなりあります。

初辰はその年の初めての辰の日の行事です。本当は初子から初戌まであるのですが、七草まではいろいろ行事があるので、七草を過ぎてからの祭日が今年は初辰です。初辰参りで有名なのは大阪の住吉大社で家内安全・商売繁盛を祈祷します。本来はまず種貸社でお種銭を授かり資本の元にし、子宝を祈願します。次に楠珺社で招福猫、浅澤社で弁天様に芸事や美容のお願いをして、大歳社で小石に「大」と書かれた大歳守(おおとしまもり)をいただき集金のご利益を祈願します。これだけ回ると御祈祷料もそこそこかかるので一番儲けられるのは住吉さんかもしれません。

辰の日は12日おきに毎月ありますから、最初の辰の日にお詣りすることを4年間48回続けると満願で四十八辰(しじゅうはったつ=始終発達)という語呂合わせになります。日本の文化は語呂合わせが多いのが特徴的です。

初辰

春の七草

春の七草

今年は2月7日が旧暦1月7日、七草粥の日です。こういう行事は新暦と旧暦の2度楽しむのもよいのではないでしょうか。大昔は前日の6日に若菜摘みという行事があって、野山に七草を摘みにいくのが行事で、和歌にもたくさん詠まれています。

「君がため、春の野に出でて、若菜摘む、我が衣手に、雪は降りつつ」(光孝天皇)

有名な百人一首の1首です。衣手(ころもで)というのは袖のことです。君はどなたかわかりませんが、大切にしている人のことです。この歌の良さは人により違うと思いますが、春の野、若菜、袖に雪が降りかかる、など情景が浮かび、緑の野と白い雪の対比も美しいという評価が一般的です。光孝天皇は初めて藤原氏の関白制度を採り入れた方で、言い換えると政治から引いてしまわれたともいえ、醜い世事を嫌い、美しい優美な世界に生きようとされた優しい性格であったことがこの歌からも偲ばれます。

今は若菜摘みなどしている人は稀有で、下手をすると他人の土地に勝手に入るな、野山の植物を勝手にとってはいけない、などと世知辛くなった世の中です。せめて七草粥を食べて、古来のこの歌の心情を思いやる心は持ちたいと思います。

七草のうちセリは芹と書き、今でも個人名や地名に残っています。ステーキの付け野菜のクレソンも同じものです。セリには田芹、水芹など種類がありますが、似たようなほろ苦い味がいいです。粥の中身の他におひたしにも向いています。ナズナはペンペン草のことで、これは今でも道端で見ることができます。葉が三角で三味線のバチに似ていることからシャミセングサともいわれ、それが三味線のペンペンに転化したものらしいです。ペンペン草は丈夫でどこにでも生えるため、貧乏草という別名もあり、これが蔓延ることはその土地が使われていないことの証としてよく例えに使われます。ゴギョウは漢字で御形と書きオギョウという読み方もあるそうです。これは人形のことで厄除けに雛祭りにヒトガタを流した(流し雛)に由来するそうです。通称のハハコグサはこの草のすべてにうぶ毛が生えており、毛羽立つことを古語でホウケルと言ったことから、ホホケクサが転化してハハコグサになったと解説されています。ハコベラはハコベと呼ばれ慣れれば道端や垣根の下あたりに見つけることができます。別名ヒヨコ草ともいい、昔は庭で飼っていた鶏のエサにしていました。ホトケノザは葉の形が仏座である蓮台に似ているのでその名がありますが、七草として食用なのはコオニタビラコだそうです。本来は食用にできないので、道端でみても食べないでください。花の蜜があるそうで、昔の子供の楽しみだったそうです。スズナは蕪(かぶ)、スズシロは大根で、その小さなものを食べます。昔は間引きしたものを活用していたそうです。

七草粥

カーニバル

カーニバル

日本を含むアジアで春祭りをしている頃、ヨーロッパではカーニバルの最中です。カーニバルは謝肉祭と訳されるように、肉を食べていけない期間に入る前にたらふく食べて、騒いでおこうというお祭りです。カトリック圏で特に盛んです。日本ではブラジルのカーニバルばかり有名ですが、ヨーロッパ諸国では風習は違ってもカーニバルがあります。

そもそもカーニバルは、キリスト教徒にとって一番大切な復活祭(イースター)に先立つ40日間(四旬節)はキリストが断食したことを偲び、肉食をできるだけ避けます。旬は初旬、中旬、下旬のように10日間という意味です。肉食禁止になる前にたらふく食べておこうというあたりがラテン民族らしいですね。この思想は曜日が日曜つまり休みから始まることにも反映されています。日本人は働いて疲れた後に休む、という休息思想ですが、欧州人はまず一休みして、身体を作ってから働く、という考えなのです。

最近の日本人はこれから糖尿病治療で入院する前に、しばらく酒は飲めなくなるので、飲んでおこう、という人が増えてきたように思います。西洋的になってきたわけです。

カーニバルでは多くの国で仮装行列が行われます。有名なリオのカーニバルも仮装行列の1種です。日本ではまだあまり有名ではないのですが、アメリカ南部ではマルディグラというフランス由来のカーニバルが知られています。マルディグラのお面を見たことがあるかもしれません。ニューオールリンズのマルディグラが有名です。元々ルイジアナがフランスの領土でしたから、ニューオールリンズには今でもフレンチクオーターという地域が残っています。模造品がディズニーランドにあります。ここではクレオール料理とかケイジャン料理が有名で、最近は日本にも増えてきました。ジャンバラヤを食べたことのある人も増えているでしょう。

マルディはフランス語のMardiでgrasは太ったという意味です。本来はカーニバル最終日の前日で英語ではShrove Tuesdayといい懺悔をする日です。この日はパンケーキを食べるのでパンケーキデイともいわれます。イギリス由来のこの日はパンケーキも小麦粉や卵、ミルクなど贅沢をするので、肉同様にこれから控えることになる食べ物です。日本にもパンケーキの日があるそうですが、ネット情報によると毎月10日で、1がナイフ、0がパンケーキに見立てたもので日本ハムが定めたとか。全然意味が違いますね。日本にもイギリス風パンケーキの日を広げようという動きもあるそうですが、まだまだです。

マルディグラは復活祭が毎年変わるので、こちらも変動するのですが、今年は3月1日だそうです。

カーニバル

青春

青春

立春から春が始まりました。1年が春から始まって冬で終わるのは世界共通のようです。考えてみれば、植物の芽が出て、葉が出て、成長して、花が咲き、実がなって、枯れるという循環に一致しています。動物も春に子が生まれるものが多いです。

古代中国では、春夏秋冬の季節に色を当てて、青春、朱夏、白秋、玄冬としています。日本では青春だけが頻繁に使われますが、他の季節はほぼ使われていません。この季節の移り変わりを人生になぞらえて、最初が青春なのです。いわば人生の芽が出た段階です。そして朱夏で盛りを迎え、白秋で中年、玄冬で老年ということです。北原白秋はここから雅号を採ったわけです。

色に神獣を組み合わせたのが青龍、朱雀、白虎、玄武です。これを四神といいます。そしてそれぞれに東南西北の方角を合わせています。都の入り口の門として青龍門が東口、朱雀門が南口です。都の宮殿は北にあるので、宮殿前の南北の大通りは朱雀通りです。平安京はこの様式に従って作られました。東南西北は時計回りですが、麻雀の周りは反時計回りになっています。どうしてなのか不思議です。少し調べたのですがわかりませんでした。

この四神や色、方角などは本来は五行説といい、中央を入れて5つになっています。神獣の中央は麒麟や黄龍と定められています。そして中央の色は黄色です。方角は中心ですから問題ありません。季節の中央は土用です。あの鰻を食べる日です。これは正確には土用の丑の日です。土曜は4つの立(立春など)の直前18日間をいい、4回あります。季節の中心といわれると違和感がありますが、変わり目だと考えると何となく納得がいきます。土用の最初の日を土用の入りと呼びます。

五行説では季節、色、方角、神獣の他に、自然物として木、火、金、水、土を充てています。またこれに陰陽を充て、少陽、太陽、少陰、太陰を充てます。これは古代中国天文学で星宿(せいしゅく)といい、星座に当て嵌めたり、占いにも使います。お日様を太陽と呼び、お月様を太陰と呼ぶのはここからきています。ついでに広げると曜日の月火水木金土も陰陽五行説からつけられています。それで英語の曜日名と全然違うのですね。合っているのは日曜日のSunday、月曜日のMonday(Moonday)だけです。これが太陽と太陰なので、後は中陽の火、中陰の水、小(少)陽の木、小陰の金と言うように大中小と陰陽をバランスよく組み合わせた配列になっています。土は陰陽の区別がない中心です。この考えは惑星の名にも応用されています。この七陽は平安時代に空海が持ち込んだとされており、かなり歴史があるのです。ちなみに西洋の曜日名も惑星名も神話から来ていますが、いつかまた解説いたします。

陰陽五行説

立春

立春

立春は春の始まり、二十四節気の始まりなので、ある意味、新年がこの日から始まるともいえます。旧暦の世界では元日と立春の2回新年の始まりがあったことになります。これを論理的でない、と切り捨てる人もいるでしょうが、風習としてお祝いが何度も来るのも悪くないと思います。元来、日本ではお祭りがたくさんありました。その時代の方が現代よりよほど精神的な余裕があり、楽しい日々が送れたと思います。

春節は立春から始まり、立夏、立秋、立冬と季節の始まる日が決まっていて、生活にけじめがあり、行事がありました。春節に家族が集まるのは、普段の生活とは異なる、昔を思い出す機会でもあり、互いの成長や変化を確認する意味があります。伝統的な料理を食べ、懐古することは現代生活を反省する機会でもあります。また現在の悩みを一掃し新たな出発でもあります。それで御籤を引いて新年を占ったり、初詣で誓ったり、祈ったりすることは信仰という大げさなものでなく、素朴な精神的行為であり、宗教と決めつける必要はないと思われます。習慣と信仰には明確な区別は難しく、曖昧なままで何か問題があるのかという疑問もあります。

立春大吉には豆腐を食べる風習もあります。豆に生きるという意味もありますが、真っ白な豆腐には邪気を払うという意味もあるそうです。豆ごはんもあるようで、冬至と同じく「ん」の付く縁起物を入れた煮物を酢飯に乗せて食べるのだそうです。にんじん、れんこん、こんにゃく、だいこん、いんげん、ぎんなん、こんぶなどを炊きます。こうした伝統的野菜だけでなく、ベーコン、とんかつ、ラーメン、チャーハンなどはどうなのでしょうね。洋風の運がつくのでしょうか。

中華圏では春節に出る伝統料理があるそうです。
https://www.tandem.net/ja/blog/chinese-new-year-food
どれも食べたことがないので、機会があれば食べてみたいと思っているのですが、春節に中華圏に旅行するのは至難の技です。ホテルなどは比較的取りやすいのですが、交通機関がとれません。似たようなものが日本にもあり、現地では日式と呼ばれている日本料理があります。日本はアレンジがお得意だということが実感できます。私見では、元のものとアレンジされたもののどちらがおいしいということはなく、それぞれに楽しめます。むしろバリエーションがあって楽しいです。

そういうバリエーションを楽しむためにも、海外に行ったら日本食や中華料理、フランス料理、イタリア料理などを食べてみることがお勧めです。違いに驚きがあり、その地の文化がよりわかるようになります。立春も日本と外国ではかなり違いがあります。

立春豆腐

節分

節分

節分は旧暦の習慣なのですが、どういうわけか新暦の今でも派手に実施されています。豆撒きという風習のせいかもしれません。近年は恵方巻をコンビニが広げたことも関係あるかもしれません。

節分とは節の分かれ目ということであり、翌日が旧暦1月4日の立春です。つまりは節分までは二十四節気の大寒のままです。そして立春から新しい節気が始まるので、ある意味新年はこの日から始まるので、節分は大晦日と同じです。

大晦日には邪気を払って新年を迎える必要があります。そこで鬼を追い出すために豆撒きをする風習ができました。この風習はハロウインと全く同じ考え方で、時代も場所も違うのに文化の類似に驚きます。ハロウインにはお化けの仮装がつきもので、日本ではここだけが強調されて伝わっていますが、日本でも京都祇園界隈の花街では節分に「お化け」という風習があります。普段、きれいな姿しか見せない舞妓さんがお化けの仮装をしてお得意先を回ります。ご贔屓さんしか回らないので、なかなか見る機会がないのですが、一度だけ拝見したことがあります。近年は、お化けの仮装した舞妓さんが歩くので写真を撮ろうと寄ってくる群衆がいて、舞妓さんをガードする男衆(おとこし)さんが大変だそうです。このお化けは映画「舞妓はレディ」の冒頭に出てきますので、ご興味があればご覧になってください。

「舞妓はレディ」はMy Fair Ladyのパロディで、朝ドラ「おかえりモネ」で一躍スターになった上白石萌音のデビュー作です。My Fair Ladyは元々Pygmalionというバーナードショウ作の戯曲が下敷きになっており、音声学者と言語学者が主人公でもあるので、私は昔から知っていました。ピグマリオン(ピュグマリオーンとも表記される)の原点はギリシア神話で、自分の彫った理想的女性像の彫刻に恋して、衰弱した彼を哀れに思ったアフロディーテ(ヴィーナス)が彫刻に命を吹き込み、そして妻にする、という話です。マイフェアレディでは音声学者が賭けをして、下品な下町言葉しか話せない女性を貴婦人に育てあげ、賭けに勝っただけでなく彼女に恋するという話です。これらの作品を下地に祇園文化を学習していく新人舞妓の物語ですが、やはり言語学者が主人公でもあり、映画の中でも言語学書が出てきたので、私は別の視点から楽しめました。半分は「それ違うんじゃない?」というツッコミでした。この言語学者さん、祇園のご贔屓なので、そこも違うと思いました。言語学者のほとんどは貧乏学者なので、とても祇園のご贔屓にはなれません。

節分の話から、横道にそれましたが、節分の豆撒きの意味を改めてご理解ください。

節分

二日

二日

二日と書いて、フツカと読む場合とニニチと読む場合があります。二人分はフタリブンデショウカ、ニニンブンでしょうか。二人前は?二泊はフタハク?ニハク?外国人に聞かれた時、迷いませんか?日本では古い数字と新しい数字が併用されていることが外国人には習得が非常に難しいものの1つです。

日にちはツイタチ、フツカ、ミッカ…のようにトオカまでは古い用法が今も使われます。人数はヒトリ、フタリまでは共通ですが、3人、4人になるとニンの方が多くはないでしょうか。日数はどうでしょうか。1日間はイチニチカンでツイタチカンとはいいません。2日間はフツカカンが多くニニチカンはあまり言いません。3日以上も同様です。結構不規則な用法で、ネイティブの日本人も自分の感覚でしかなく、説明が難しいと思います。

この古い日本語の数の数え方は、今ではヒー、フー、ミー、ヨーと数える人はまずいないと思いますが、戦前では普通で、とくに軍隊では聞き間違いを避けるため、例えば2022はニーゼロニーニーではなく、フタマルフタフタと呼んでいました。この読み方も戦後、軍の消滅と同時に消滅してしまいました。数の数え方は文化なので、強制しても残ります。それが日にちや人数などに残っているわけです。とくに後ろに類辞と呼ばれる、とくに日本語に発達している接辞が来る場合に残っています。~つ(個数)、~か(日)などは9以下では完全に残っています。10個はトオツとはいいませんが、10日はトオカのままで、さらにハツカも言いますが、ミソカ、ヨソカはもういいません。9以下はすべていうかというとそうでもなく、3人以上はタリが消えてニンになります。

また二日酔いは絶対にフツカヨイであってニニチヨイとはいえません。三日月もミカヅキです。このように語として固定化されたものも多く、とくに地名として四日市、十日町は他の読み方はできません。

現代用法でも数字の語呂合わせでは古い数がよく使われます。11月11日はイイフーフの日となると、もうごちゃごちゃです。電話はヨイフロ(4126)もまぜこぜです。日本人は習慣としてなんなく受け入れており、ほぼ疑問を持ちませんが、日本語を学習する外国人にはハードルが高い文化的表現です。これらの表現が使いこなせる外国人は耳から日本語を学習した人であることが明白です。長く日本での生活経験がないと使いこなせません。

日本の古い数には興味深い法則があります。詳しくは後日話しますが、アルファベット表記するとhi-hu, mi-mu, itu-to のような倍数の法則があります。英語は10までバラバラの数字で法則性はありません。これは数学の進法とかかわりがあります。

数字

旧正月

旧正月

今年は新暦2月1日が旧暦元日になります。元日は朔日(ついたち)でもあります。毎月の始めの日が朔日で、ツイタチは月立ちが転化したものです。朔日から新たな月が始まるのですが、この夜の月が新月つまり完全に月が見えない日です。月は太陽の光を反射して輝くということは理科の時間に習ったと思います。月の満ち欠けは月が地球の影に入り太陽光を反射しないために起こります。三日月の黒い部分は地球の形なのです。そう思って見ると不思議な気持ちがしませんか?新月は月が地球の影に完全に入る日ということになります。この日から月がだんだん大きくなっていくので新月と呼びます。だんだん満ちていくので縁起もいいといえます。ただ実際に月がはっきり見えてくるのは三日月あたりからなので、大昔は三日月を新月と呼び、朔日の月は暗月と呼んだそうです。

毎月の朔日に神社にお参りする朔日詣りという習慣が残っている地方もかなりあります。それに合わせて神社で餅などを配る習慣もあります。有名になったのが伊勢神宮の赤福の朔日餅で、実際には餅でなく毎月特別な菓子が販売されるのですが、これを求めて深夜から行列ができテレビ報道でより過熱化しました。特別な品を求めるのもよいですが、本来の朔日詣りの精神を忘れないでいてほしいものです。

旧正月は都会ではもう絶滅していますが、地方にはまだ残っています。そういう地方は伝統的な習慣も残っていて、そういう風習を楽しむ余裕ももちたいものです。今年は無理ですが、時折観光を兼ねて地方の旧正月を楽しむのもよいと思います。日本で比較的旧正月の風習が残っているのは、奄美地方、沖縄地方のようです。五穀豊穣や豊漁を祈願し綱引きをする地方もあるそうです。

旧正月はむしろ中国や台湾、ベトナム、モンゴルなど中華暦を使用した中華文化圏の国での春節が知られています。春節は日本と1日違うこともあります。それは時差があって、月齢が異なるためです。2022年は同じ2月1日だそうです。春節は連休になり、帰省や観光で大移動があります。お土産を買い込んだり、帰省先で大家族が集まって宴会をするので、欧米のクリスマスと同じく、経済活動が大きくなります。宴会の食事は地域によって異なりますが、中国北部では餃子が出る地域も多いそうです。日本の餃子は焼き餃子が中心ですが、中国では水餃子が普通です。餃子は昔の貨幣の形に似ているので、縁起のよい食べ物だそうです。春巻も正月料理で、春節だから春巻なのです。餅もあり年糕(ニエンガオ)というそうですが、揚げたり蒸したりした甘いお菓子のようなものらしいです。食べ物は日本の「喜ぶ」のコブやマメマメしくの豆などの語呂合わせと同じで、縁起物には語呂合わせがあるそうです。語呂合わせは日本だけではないのですね。縁起物を食べて幸福を願うのは万国共通で、それが正月という年の始めに強く残っています。

旧正月